お客様からの声
タイル雑貨プレゼント


QR

階段タイル工事

【1】施工前①~既存の塗装部が剥がれている状態。

【1】施工前の状態① ~ 浴槽周り

 

【2】施工前②~劣化により汚れも目立ている。

【2】施工前の状態② ~ 出窓下

 

【3】既存の金物(ノンスリップ)を撤去する。 浴槽エプロン(手前の部分)

 

【4】既存塗料を研磨し、目荒らし(下地が付きやすいように傷を付ける事)する。

【4】浴槽を傷つけないように丁寧に養生を施し、悪い箇所を剥がす。

お問合せ お客様の声
【5】接着力を高めるため、下地処理剤をまんべんなく塗布する。 【5】浴槽エプロン前に、浮きが生じた原因と思われるエプロン天端部分(上の部分)を剥がすと、水が差した後になっており、中がボロボロになっていた。

 

【6】階段全てに、丁寧に下地処理剤を塗布完了した状態。

【6】防水効果のある下地処理剤を使用する。

 

【7】タイル用圧着セメントを塗りつけ、タイルを貼っていく。

【7】既存タイルを撤去した後、全体に下地処理剤を塗布。

 

【8】作業の乗降用に、端を開けておく。

【8】エプロン天端のかさ上げする前に、鉄筋を通す。

 

【9】先に作業が終了した部分が乾いたら、乗降用の空き部分の作業を完了させる。

【9】エプロン天端のかさ上げ、及びモルタル下地作り。

 

【10】目地詰めをして、目地詰めの汚れや灰汁を落とすため、薄めた塩酸で水洗いする。

【10】エプロン周りのタイル下地完成。周囲を汚さないように、徹底した養生を施す。

 

【11】作業完了!光沢も出て非常にきれいに仕上がりました!!

【11】弾性接着剤(※)を使用し、新しいタイルを貼り目地詰め。

☆施工例提供:板橋区W様☆

 

営業時間

SP版はこちら