外壁タイル修繕工事(クラック編)

【1】外壁タイルクラック部

【1】外壁タイルクラック部

 

【2】カッターを入れタイルを撤去した後の下地の様子。
完全に下地から割れている。

【2】カッターを入れタイルを撤去した後の下地の様子。完全に下地から割れている。

 

【3】その部分をV字カットした上、ウレタン処理する。

【3】その部分をV字カットした上、ウレタン処理する。

 

【4】復旧補修張り。
(亀裂部分は又割れる可能性があるため、
10mm〜15mmのコーキング目地を設ける。)

【4】復旧補修張り。(亀裂部分は又割れる可能性があるため、10mm〜15mmのコーキング目地を設ける。)。

 

【5】この後、仕上げコーキングを施し終了。

【5】この後、仕上げコーキングを施し終了。

 

SP版はこちら