『巨大アートモザイク壁画』のお話

日本人と言ったら、やっぱり銭湯ですよね!?
ってなわけで「てやんでぇ~ぃ!」っと強引こちらの話題へ(笑)

弊社施工のこちらの銭湯は、門前仲町の辰巳湯さん。
富士山は女湯です。
※男湯の壁画は“深川万年橋下”です。

ちなみに、このアートモザイク製作者は、
私たち施工会社にとって、なくてはならない大切なパートナー、多治見の昭洋商事です。
先代が戦後間もなく始められたと言うこのお仕事。
時代は流れ、いまや伝承されているのはこちら様のみとのこと…
寂しい限りですね。
世界も認める日本文化「銭湯」の醍醐味ともいうべきアートモザイク壁画。
この後継者に立候補して下さる方が出ることを祈らずにはいられません。

☆施工工程☆

①かの有名な“葛飾北斎 冨嶽三十六景『凱風快晴』”
こちらをモチーフに、銭湯に巨大アートモザイク壁画を!とのご依頼でした。

⓶元絵をCG化し、タイル割付けして下絵の完成。
ちょっと拡大すると分かるのですが、10mmモザイクを1個づつ色指定して描かれているんです。

③ そして何十色もの10mmモザイクを下絵の色に合わせて並べます。
これなんと全て手作業!

④ 30cm四方のパーツに一粒一粒ひたすら並べ上げ、約3m四方の巨大な絵柄を仕上げています。
1ブロックだけで、既に作業場が目いっぱいの状態ですね。
これが3ブロックでやっと一風呂分の壁画です。
10mmの粒で縦3m×横9mとは…気が遠くなる(+_+)

⑤ そして、シートに糊付けされた30cmのモザイクタイルは、細かく番号付けされ梱包されて私達施工業者の元に届けられます。
設計図に従って、間違いのないよう神経を張りながら組み立てます。
もちろん貼り子さんの思いも背負いながら慎重に慎重に…。
約300枚の絵柄をつなぎ合わせ、巨大なアートモザイク壁画の完成です+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+
ひとっ風呂浴びてビールに深川飯っとくりゃ、 う~ん!も~最高!!(*^¬^*)

江東区「辰巳湯」 モザイク壁画施工

関連記事

  1. 都内某所 各種タイル工事

  2. ランタンタイル施工

  3. 大判タイル クリップ工法